Mac Pro(Early 2008)が帰還。その意外な顛末。

2010年4月1日

8日ぶりに Mac Pro(Early 2008)が帰還。
まるで何もなかったように、現在、使用中。

が実はロジックボードの故障ではありませんでした。
原因は増設メモリだったのです。

アップルによる故障の識別方法は次の通りです。

ステータスランプが点滅する場合は、点滅の回数を確認して問題を識別します。
1回短く点灯してしばらく消灯する:有効なメモリがありません
3回短く点灯してしばらく消灯する:メモリが壊れています

今回の自分の Mac Pro はどちらにも当てはまらず、
ずっと連続してステータスランプが点滅するというものでした。
アップルサポート担当者の方と話しても、おそらくはロジックボードに起動しない原因があるだろうとのこと。

ある意味、修理が不要だったのでほっとした反面、
早くに気づいていたら、8日間余計な苦労をせずに済んだのに . . .
という微妙な感想。

以前に比べるとパソコンは随分故障しなくなったこともあり、
ちょっと油断していました。

今回の一件を踏まえて、
パソコン(ワークステーション)が壊れた際も慌てないで済むような
備えを実現しようと思った次第です。


Mac の HDD の故障を予知する方法
今回の故障はハードディスクドライブ(=HDD)のトラブルではなかったのですが、Mac の パソコン(OS-X)には内蔵の HDD のトラブルを予知する機能がありますので、おまけでご紹介します。

地味な機能ですが、知っておくと HDD のトラブルを回避できます。

フォルダ「アプリケーション」内のアプリ「Disk Utility」を立ち上げ、
左側に列挙されるマウント済み内蔵 HDD を指定します。

すると下の欄(写真参照)に以下のように表示されます。


  S.M.A.R.T. 状況:検証済み =HDDが正常
     ↓
  S.M.A.R.T. 状況:エラー  =HDDが異常

「検証済み」と表示される場合はディスクに問題はありません。
そうではなく、赤い文字で「エラー」と表示される場合は、
近い内にHDD の故障の危険性がありますので、
データのバックアップをとって、
新しい HDD に換えたほうがいいでしょう。


ラベル:



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ