猫はコタツで丸くなる〜♪ コロン・コロン・コロ〜ン♬

2010年1月31日

デザクロブログ2010年1月の表紙(ヘッダー画像)を飾ってくれた
竹林のとらしゃんに続いて2月の表紙を飾るのはコロンくんです!

2月と言えば、ここ山形県鶴岡市は一年で最も寒く、
雪の積もる季節ですが、今のところそんなでもありません。
異常気象を実感できるような冬となっています。

神奈川県横浜市に住む兄夫婦と一緒に暮らす
ブリティッシュショートヘアのコロンくん、
超甘えん坊で、いつもまとわりついているとのこと。

先日、フジテレビの番組「めざましテレビ」内でやっていた
ワンちゃんとにゃんこの癒し効果比べなる特集によると、
ワンちゃんは飼い主の血圧を一旦上昇させてから下げ、元気づける効果、
にゃんこは飼い主の血圧を下げるという鎮静化効果があるという
結果でした。

なるほど確かに癒やされますね。

さて、このコロンくん、
本来、「猫はコタツで丸くなる~♪」と歌われるているはずなのに、
丸くなるどころか、
い~っつも、のけぞってます!

へんなかっこうです。
ち~っとも猫背じゃないんですよね~。
思わず頬笑んじゃいますよ。萌え~

▽ 写真のクリックで拡大表示|Lightbox Gallery|



ラベル:


Apple タブレット iPad!

2010年1月28日


やっぱりきましたね、iPad。
ヨッ、待ってました!

事前リークである程度の情報は知っておりましたが、
期待された予想外の機能はなかったですね〜。
もしかしたら、一番予想外だったのはその価格かもしれません。
米499ドル〜(日本の価格はまだ未決定)

Wi-Fi 版の iPad は日本でも3月下旬から発売されるとのことですが、
Wi-Fi 版の iPad にはあまり興味ありません。
本命の3G対応版は6月以降となる見通し。
通信会社も決まっていません。
随分と先です。ハ〜。

思い起こせば、
日本では iPhoneの発売が遅かったため、
タッチパネルを使ってみたい一身のわたしは、
iPod touch の世界発表=発売時にアップルストアー
ポチッとしてしまったのでした。
まだ朝日が昇るずう〜っと前の出来事でした。
(アップルの製品発表はアメリカ現地で行われるため、
 日本時間で言うと、たいてい深夜2時頃から始まる。)
たぶん山形県では一番最初の購入と勝手に思っていたりします。

写真はデザインクロスの仕事場の机の上に置いた
iPod touch です。


ここでちょっと脱線して、デザクロの Web制作の仕事環境ついて。
写真、右に見えるのは Apple 30インチ・シネマディスプレイ。
左には、Apple 23インチ・シネマディスプレイ、
写真には見えませんが、
30インチの右側にも Apple 23インチ・シネマディスプレイがあり、
普段は3つのディスプレイを同時に使って仕事をしております。
3つのディスプレイを並べた横幅は160cm以上あります。

どうしてそんなにディスプレイが必要なのかって?
効率よく仕事をこなすためです。

メインのマシンは Mac Pro で、Mac OS-X の他、
Windows XP、Windows Vista、Windows 7と
3つのWindows OS が走ります。

またメインのマシンには内蔵HDDが4台、
外付けHDDは16台が繋がっています。
お客様からお預かりしたデータは全て、
使わなかったデータも含めて大切に保管してあります。
ホームページ作成進行中のデータは常に別のHDDに
自動バックアップ保存し、
さらに、ホームページ完成後のデータも2台以上の
HDDにミラーリングして保存するという
念の入れようです。

写真、ディスプレイの後ろに映るのが、ボーズのスピーカーです。
音にもこだわっています。
ちなみにこのボーズ、音が最高です。絶対にオススメです。

スピーカーの手前に映る置物は
青く透明なアップルの形をした置物で、長崎で買ったもの。
Apple フリークを象徴するものでもあります。

その他、ノートパソコンも含め、Windows PC が4台、
Mac が3台、液晶モニター3台、CRTモニター3台といった構成です。


それにしても今日発表された iPad、
どう見ても大きな iPod touch ですね。
どんなデバイスに発展して行くか楽しみです。


そう言えば、iPhone が日本で発売開始された時、
ほとんど全ての評論家やマーケターが
こぞって「 iPhone は日本の風土に合わない」と
言ってたことを覚えています。

その人たちは今でも評論したり、
マーケティングについて語っているのでしょうか?

ふと、そんなことを思い出しました。


アンケート調査によると、
スマートフォンの購入理由の第一位は、
「 Webページを見たいから」という結果を最近目にしました。
iPad は間違いなく iPod touch や iPhoneより
Webブラウジングに適しています。

目玉アプリ iBooks の利用はちょっときついでしょうね、液晶では。
本を読むためというよりは、むしろ美しいカラー雑誌や図鑑、
写真集を見るために適しているように思われます。

いずれにせよ当面は
スマートフォンユーザーがどう動くかが鍵になりそうです。


ラベル: , ,


久々の大失敗。口コミ・評判を信じたわたしがバカでした . . .

2010年1月23日

なんのテレビ番組だったか定かではありませんが、
番組内で、叙々苑の野菜サラダドレッシングがめちゃめちゃウマイと
芸能人たちが語っているのを見て、
興味をもち、いつものようにネットで検索。

口コミ情報を読んで、通販のお勉強。

 「叙々苑 野菜サラダのたれ
       ゴマ風味 300ml」
  630円プラス送料

フムフム。これはオイシイかもと思いつつ、
普通のドレッシングの倍は値段はするし。
送料含めると、ちょっとお高いな〜と放置。

そうこうしていたら、
なんと近くのスーパーマーケットのドレッシングコーナーに、
「叙々苑 野菜サラダのたれ ゴマ風味 300ml」が売っているではありませんか!

これはラッキーと思い、即購入。

家に帰って、早速サラダに掛けました。

見た目、ちょっと油っぽいかな〜、
どんなに美味しいんだろうと思いつつ、ガブリ。

…ん?…

甘味がまったくない…
少し辛いかな?

ち〜っとも美味しくない!
なんじゃこりゃー!


そうです、久々やっちゃいました。
後悔先に立たず、です。

とは言え、誰も責められません。
買ったのはわたくしです。
インターネットでの情報収集には多少自信があり、
買い物でほとんど失敗することのない私ですが、
数年に1回は、こんな過ちをやらかします。
みなさんもお気をつけてくださいませ!


それにしても、ドレッシングって、
一回で全部使うわけじゃなく、
しばらくずっと使わなきゃならないため、
ハズレの時、精神的ダメージが結構残ります。

マズイドレッシングって、
結局使わない内に、賞味期限が切れて、
廃棄処分に。。。
「叙々苑 野菜サラダのたれ ゴマ風味」はまさにその運命か。

一度口にして以来、優に2週間以上経ちますが、
冷蔵庫の中に眠ったままです。


自分にとっては叙々苑は高嶺の花なのか、
ココイチ(カレーハウスCoCo壱番屋)のドレッシングは
とっても美味しかったのにな〜


ラベル: ,


「赤かぶ検事」は「赤かぶ漬け」好き?

2010年1月20日

今夜21:00からTBS系で放送される
水曜劇場「赤かぶ検事」のテレビ欄の解説を見ていたところ、
主役の赤かぶ検事が、
赤かぶ漬けが好きで、温かみのある人柄と紹介されています。

そう言えば、赤かぶ検事の話は知っていましたが、
なぜ「赤かぶ」かまでは、
気にもとめていませんでした。

実は「赤かぶ漬け」は、ここ山形県鶴岡市(旧 温海町)の一霞(「ひとかすみ」と読みます)地区の特産品でもあります。
寒い冬を迎えたころ、
旅館や地元のお料理に代表的なお漬け物としてそえられていて、
庄内の方は皆知っている名産です。

少し濃いピンク色で、
カリカリというかシャキシャキというかそんな歯ごたえ。
なんとも大人な甘さが特長的で、とってもおいしい味です!

そんなこともあり、
「赤かぶ検事」の好きな「赤かぶ漬け」ってなんだろうと考え、
調べてみました。

と、どうやら我が庄内の赤かぶではなさそうです。

「赤かぶ検事」の作者である
和久峻三さんが作品を書いていた当時、
飛騨高山の赤かぶ漬けをいつも買って帰っていたことに
由来しているみたいです。

試しに検索エンジンのヤフーで、
「赤かぶ漬け」というキーワードで検索すると、
岐阜県高山市の赤かぶ漬けやら青森産の赤かぶ漬けなどが出てきます。

ですが!

検索結果上位を占めるのは、
山形県鶴岡市の(旧 温海町)の赤かぶ漬けで〜す!

2002年に作成(リニューアル)し、当初から評判の高い、
弊社デザインクロスが制作させていただきました
(株)エーコープ庄内さんの通販ショップ旬鮮館の「赤かぶ漬け」は、
なんと「赤かぶ漬け」検索結果で、2位を獲得しています!
(ヤフー検索結果、約 869,000 件中)
大人気なんですね。

よろしかったら是非こちら庄内の「赤かぶ漬け」もお試しください!
(株)エーコープ庄内さんの通販ショップは、
お手軽な袋入りから風情のある樽入りまで品数も豊富。
1月31日までです!

しっかし、放送局もちゃんと旬に合わせて、
番組を考えているんだな〜とちょっぴり感心させられます。
(赤かぶ漬けってそんなに有名なのか?)

ほんと、飛騨高山の赤かぶ漬けも一度食べてみたくなりました。

飛騨高山の赤かぶ漬けと庄内温海の赤かぶ漬けの
食べ比べなんかもいいかも知れませんね。

(イラストは今はなつかしい温海町当時の町のシンボル「赤かぶくん」です。)


ラベル: , , ,


盗み見に、GPS、報道はここまでやるか!

2010年1月19日

TBS系の報道番組「報道特集NEXT」(毎週土曜日、17:30〜18:50)に制作協力したAPF通信社の記者が、取材対象者の本名を知るべく、勝手に取材対象者の郵便物を盗み、開封、更には修復して郵便受けに戻していたとのこと。

おまけに取材対象者を見失わないよう、対象者のクルマにGPS(=全地球測位システム)機能付の発信器を取り付け、行動を追っていたという。

う〜ん、凄い時代になったものです。
まるでスパイ映画か名探偵コナンのアニメの世界のようですね。

記者の倫理観の問題はさておき、
取材対象者もそうですが、話題の芸能人もびびりそうです。
なんかますます報道やらテレビに関わりたくない人達が
増えそうな予感がします。

ちなみに、通信社とは、
独自に取材して、取材内容をテレビ局や新聞社に売る仕事がメインです。
逆に言うと、テレビ局は話題を通信社から買っているということです。
よくテレビを見ていると、
同じような特集をしていたりしますが、
それは情報元が一緒だったりするからなんですね。

今回の一見についてのTBSとAPF通信社のコメントが
ホームページに載っていましたので引用して掲載しておきます。

TBS「報道特集NEXT」トップページ
(http://www.tbs.co.jp/houtoku/)

お知らせ

12月5日に放送した
特集「謎の黒い1万円札、ブラックノート詐欺」の取材過程で
一部不適切な行為があったことがわかりました。

この特集は
自らアメリカ兵でマイケルと名乗る男が
男性Aさんに黒い紙の束を見せて
「特殊な薬品をかけると1万円札に戻る」と
ウソの説明をした上で
薬品代などとして30万ドルを
だまし取った疑いがあると指摘したものです。

この取材に当たった
制作協力会社「APF通信社」の担当者が
男の本名を知りたいと考え、
自称マイケルの郵便受けから
公共料金の請求書のハガキを持ち出し、
開いて名前を確認した後、修復して、
郵便受けに戻していたことがわかりました。

また、
男が行方をくらまさないようにと考え
男の車に発信機能の付いた機器を取り付け
追跡取材を行っていました。

こうした取材行為は、
報道倫理上認められないものです。

TBSは、取材したAPF通信社側から
この事実を全く知らされていませんでした。
しかし、TBSには
放送する前に、不適切な取材などが行われていないかを
確認する責任があり、
今回の事態を深く反省しております。

今後、このようなことがないよう
全力を尽くしてまいります。


APF通信社「新着情報」【1月14日】お詫び
(http://www.apfnews.com/whatsnew/2010/01/114_1.html)

 弊社が制作致しました2009年12月5日放送TBSテレビ「報道特集NEXT」及び12月8日放送TBSテレビ「イブニングワイド」のブラックノート詐欺事件の取材過程において、不適切な行為があった事が判りました。
 この事件は、自らをアメリカ兵でマイケルと名乗る外国人の男が被害者Aさんに黒い紙の束を見せて、特殊な薬品をかけると1万円札に戻ると嘘の説明をした上で、薬品代として30万ドル(約3000万円)を騙し取ったものです。
 この取材の過程で、担当記者が自称マイケルの本名を知るために、自称マイケルの郵便ポストから公共料金の葉書きを持ち出し、開いて名前を確認後、修復して郵便ポストに戻していました。
 こうした行為は誠に遺憾であり、報道倫理上、認められないもので、視聴者及び関係者の皆様には深くお詫び申し上げます。
 今後は社員教育を徹底し、再発防止に努めるとともに、信頼回復に全力で取り組んでいく所存です。
 尚、不適切な行為に関与した記者は退職致しました。また、弊社としましては当面、報道番組の制作を自粛致します。

2010年1月14日
 APF通信社
  代表 山路 徹


これって、謝罪して済むような話なんでしょうかね〜。

それに、GPS発信器なんてやろうと思えば、
誰だって簡単に付けられそうです。

個人的には今回の一件は、
単に氷山の一角の出来事としか思えないんですが。。。


ラベル: ,


カランコエのクイーンローズも寒さに震えています

2010年1月17日



冬の寒い室内があったか色で少しでもあったまればと考え
購入した目にも鮮やかなオレンジ色のカランコエ。

花の大きさは7ミリぐらいでしょうか、
写真で分かるとおり、
薔薇のような形をしています!

品種は “クイーンローズ”

女王さまかは分かりませんが、
ローズという名前はピッタリですね。
まさにちっちゃな薔薇です。

が、
この女王さま、
寒さが苦手らしく、
寒くなると花をつぼめてしまうんですね。
まるで人が寒さで背中を丸めるように。

山形県は庄内地方のこのところの寒波は
さすがの女王さまにもこたえているみたいです。

長く生き続けて、
あったかくなったら、
またきれいな花を咲かせてください。


ラベル: , ,


真相報道バンキシャ!におけるタバコ税増税に関する河上和雄の発言について

2010年1月13日

日本テレビの「真相報道バンキシャ!」はほとんど見ることのない番組だが、たまたま目にしたタバコ税の増税に関する議論には唖然とした。こんな人間がテレビでレギュラーを持ち、偉そうに発言している日本の放送界が正直心配になります。

少し前の話題(2009年11月8日放送)になりますが、取り上げてみようと思います。

この番組のご意見番とやらでレギュラー出演している(らしい)河上和雄(日本テレビ客員解説員)がタバコ税の増税に関して述べたの2つの発言は次の通りです。

  1. タバコ税を増税すると、タバコを吸う人の数が少なくなり、健康で長生きする人が増加し、年金をもらう人が増えるため、かえって国の財政が苦しくなるから増税はよくない。

  2. タバコを吸っていても健康で長生きな人は沢山いる。だから、タバコを吸ってもなんら問題はない。

あまりにも馬鹿馬鹿しい発言なので、いちいち自分が解説する必要はないかもしれませんが...

1の発言については、あたかも健康で長生きすることがいけないことのように聞こえます。年齢が増えれば、それなりに病が増えるのは避けられないことです。その病すら否定するのはいかがなものでしょうか。

2の発言については、もしこの論拠を妥当だとすれば、「酒飲み運転でも事故を起こさない人は沢山いる。だから、飲酒運転してもなんら問題ない。」と言えます。別にタバコでなくとも、覚醒剤にも当てはまるでしょうし、例外的なことを取り上げ認めることで、その事象を肯定できるのであれば、極端な話、世の中のほとんど全ての悪いとされることを肯定できるようになりますね。

河上和雄は法学者・弁護士(彼についての詳細はウィキペディアでご覧ください)であるというのに、そもそも1と2の発言自体が矛盾しています。1でタバコの害を認め、2ではタバコの害を否定しているわけですから。

そうそうたる学歴や経歴をもつ人間が、必ずしもまともな人間ではないということをまざまざと見せつけるひとつの例として、今でも自分の頭の中の記憶として離れません。


ラベル: ,


坂本龍馬ブームをタイムリーに取り入れるSoftBank携帯のテレビCMはさすがです

2010年1月10日

映画やNHK大河ドラマの影響力はスゴイものです。昨年、ここ山形県はNHK大河ドラマ「天地人」特需の恩恵を受け、鶴岡市や酒田市のある山形県庄内地方は映画「おくりびと」効果で、いっきに知名度が上がり、観光客も大幅アップしたのですから。(確か昨年の日経調べでは、訪れてみたい映画ゆかりの地で全国第2位になったはずです。)

今年の特需は何と言っても「坂本龍馬」です。高知県の桂浜に行ってみたいものです。大学時代の4年間は九州(福岡県)に住んでいましたが、四国には行ったことがありません。最接近したのが瀬戸内海の瀬戸大橋の本州側にあたる岡山県の海だったと記憶しています。

今回のブログに際し、2004年の春に訪れた司馬遼太郎記念館(大阪府東大阪市下小阪3丁目11番18号)で撮影した写真があったと思い、探しましたが、いいのがなかったので残念ながら載せられません。館内は撮影禁止でした。司馬遼太郎と言えば「竜馬がゆく」の作者であり、当時から司馬遼太郎記念館の天井には坂本龍馬の顔そっくりなシミがあり、亡霊ではないかとテレビ番組にも取り上げられたりして話題になっていました。もちろん、その亡霊は実際に見てきました。案内の女性の方も、得意げに紹介してくれましたらから。

余談ですが、司馬遼太郎記念館の蔵書は見事でした。膨大な書物のある書架を見るだけでも、本好きにはたまりません。うらやましい限りです。

そう言えば、その時はNHK大河ドラマ「新撰組」のブームで京都に行き、新撰組ゆかりの地を訪ねたんでした。恐るべし、大河ドラマ効果!と言ったところでしょうか。

今年は間違いなく坂本龍馬ブームです。SoftBank携帯のテレビCMは、大河ドラマ「龍馬伝」放送開始前に布石となるテレビCMを流し、放送開始後に桂浜や武田鉄矢氏を登場させるという展開です。つくづくうまいな〜と感心させられますね。

ラベル: , , ,


全国寒がり度調査の結果、山形県は全国第3位。ちょっと嬉しい。

2010年1月6日

ウェザーニュースによる「全国寒がり度調査」の結果が発表されていました。
とっても面白い内容なので、興味のある方はぜひサイトにアクセスしてみてください。

我が山形県は全国第3位の寒がりな県民にランクイン!

“超” が付く寒がりの私としては、
なんだか自分だけじゃなかったのネ、っとちょっと嬉しかったりする。

逆に暑いのは比較的平気。
夏場、30℃の部屋の中で仕事していてもいっこうに構いません。
エアコンの温度設定が22℃になっている部屋に入ろうものなら、
寒さで凍え、暖房を入れたくなります!

自分にとっての適温は、だいたい26℃ぐらいでしょうか。
これに対しては色々と異論を唱える人が周りにいます。
でも、寒いより暑いほうが良くありません?

さて、まだまだ寒さが続く日本列島です。
みなさま、健康には十分ご留意くださいませ!
続きを読む »

ラベル:


2010年。新年、明けましておめでとうございます。

2010年1月1日



新年、明けましておめでとうございます。
2010年、本年もよろしくお願いいたします。

年頭にあたり、
2010年のインターネットビジネスについて少し触れてみたいと思います。
世の中、不景気真っ只中の中で辛うじて売上高を伸ばす通販業界。
(「ネット通販売上高(2009年9月)」を参照してください。)
そこに可能性を求め、ネット通販はますます競争激化することは免れません。

2009年12月上旬の朝日新聞や日経新聞などの記事を読むと、
「(セブンイレブンの親会社である)セブン&アイ・ホールディングスがネット通販を拡大」するとありました。
これまでバラバラだったグループ傘下のネットショップを統合し、
  2011年末までに商品数1000万品目
  2012年度の売上高目標1000億円(現在の約3倍)
を目指すそうです。

そんな情報を読んだ後、
それだけの大きな目標を達成するために、天下のセブン&アイ・ホールディングスは何をするんだろうかと思っていいたら、
先ずは、テレビCMだったんですね〜。
2009年12月14日(月)からネットショッピングのテレビCMをガンガン流して、認知させる。そんな戦略でした。
おそらくネットショッピングサイト自体を宣伝する最初の本格的テレビCMではないでしょうか。

遅かれ早かれこうなるのは判っていましたから、
やっぱりか、という印象です。
時をほぼ同じくして、
楽天(=楽天市場)さんもテレビ業界に進出。
検索最大手のグーグルまでもテレビCMで自社広告を流すようになりました。

もっとも、テレビCMが果たしてどれだけの宣伝効果を持つかは
しばらくは静観する必要があります。

そもそもそんなテレビCMを目にしてから半月以上経つのに、
一度もセブン&アイ・ホールディングスの通販サイトを見ていません。
見たいと思わないんですよね。
オリジナルな商品がありそうなイメージがないからです。

いずれオリジナル商品(プライベートブランド)を開発・販売するとは言っていますが、まだ先のこと。

今のところあまり魅力を感じません。

まあ、いずれにせよ2010年は、
資金力のある大企業がネットビジネスへ本腰を入れる時代です。
と言うか、ネットビジネスに生き残りを掛け本気で儲けようとする時代になる、と言えるかもしれません。

逆に言えば、規模の大きくない会社・企業・お店のウェブサイトは、
よりアイディア・戦略の勝負となります。

会社やお店のホームページは販促・営業の手段であって、
決して目的ではありません。

もうそろそろホームページを立ち上げるだけで
満足して終わるのは卒業して、
本気でネット戦略を考えてみませんか。

そんなネット戦略を強力にバックアップできるよう、
本年もデザインクロスは、ネットビジネスに邁進したいと思います。

続きを読む »

ラベル: , , ,


▲このページの先頭へ